公開セミナー「天風メソッドに参加して」



公開セミナー「天風メソッドに参加して」

 九州賛助会  田川伴造

平成23年4月17日九州ビルで九州賛助会主催のセミナーが開催されました。

講師は今川得之亮先生です。参加者約50名を予定していましたところ、約70名近くの参加予定者となり、急きょ会場を広い会議室に変更しました。そのうち15名程が一般の初めての人で、会場内もなにか新鮮な空気がただよっていました。ホームページの開設等で九州に於いても天風会の知名度が向上してきていることがセミナーでの新人の増加にあらわれてきていると思います。

 セミナーのタイトルは「心を扱うコツを教えます」で悩み多い心の正体とは何か、どう使ったらよいのか等について朝10時から夕方4時まで今川先生の心にしみる感動的な講義を受けることができました。昼食後の午後の講義でも誰も居眠りする人もなく、皆興味津津に聞いており有意義な一日になりました。

 今川先生は皆様御存知のとおり、現役の開業医でいらっしゃるので面白い症例報告等が時々出てきて、我々が知らない面から又違った角度から天風教義が理解できたと思います。

 先生は福岡で初めて天風会支部が出来た時からずっと我々を指導して下さっており、その御努力には頭が下がる思いです。小生もスタートの頃から参加していますのでほぼ20年近く教えを受けている訳です。私はお陰様で、今年で71歳になりますが明るく元気に生きてきております。天風先生の御本「成功の実現)及び天風会との出会いは私にとって人生の一大事でした。この幸せをかみしめている日々であります。

 今回の盛況なセミナーを体験して東野代表を中心とする九州賛助会の熱心な積極性が肌に伝わってきました。講師の御恩に報いるためにも会員一同で更に九州賛助会を盛り立てていきましょう。


新春特別講演会  尾身幸次理事長

rijicyo


 

尾身幸次理事長「天風哲学実践記」講演を拝聴して
                                             九州賛助会 深堀俊児


  今年の1月16日,博多駅近くの会場に於いて尾身幸次理事長より「天風哲学実践記」のご講演をいただきました。当日は、雪が降る一段と冷え込む日にも係らず、予想を上回る約60名の参加者で会場は立見が出るほどの盛況でした。


  溌剌颯爽とされ78歳のお年を全く感じさせない尾身先生ではありますが、28歳の時に結核のご病気をされたときは、「せめて山奥の温泉で冷たいビールを飲めるような、そんな体になりたい。」と極めて消極観念に囚われていたとのこと。そんな時にある人の紹介で天風哲人と出会い、心身統一法を実践し、病を克服され、政治という激務の荒波を乗り越え、人生を切り開かれたという体験に基づいたお話は非常に勇気をいただける内容でした。


  講演では、天風会とのかかわりがまだ浅い参加者の方たちにもわかり易いように心身統一法のお話をいただきました。病になったり、金銭的に困ったりと運命がうまくいかないときには、そのことを気にしないこと。そのためには見かけ上だけでも溌剌颯爽、活き活きとする。これが心身統一法の第一原則であるとのこと。尾身先生が実践されたことを交えていただくお話に、何年も学ばせていただいている私ですが、あらためて心身統一法をより深く理解させていただくことができました。


  約50年間毎日かかさず、朝の行修(呼吸法、体操、水浴び、安生打坐等)を今でも続けられ、更に日常も言葉と心の使い方に気をつけ、心身統一法を実践されておられるとのことでした。「自分と同じように熱心にこの心身統一法を実践すれば、必ずみなさんも一流の人間になることができます。」という言葉をいただき、あらためて私自身も「必ずこの心身統一法を死ぬまでやり続ける。」という決意をした次第です。


 また、講演会会場にてご著書「天風哲学実践記」にサインをしていただき、多数の人が喜んで購入されました。

講演会のあとは、尾身先生を囲んで新年会が開催され、楽しい歓談の中、会員同士とも交流することができ、天風教義を実践していくという気持ちをお互いに確認することができました。このような学びの場を与えていただいた天風先生や尾身先生はもちろん、同じ学びをさせていただいている同士の皆様にも感謝の気持ちで一杯です。心より御礼を申し上げます。

平成22年度 8月12日〜15日 夏季修練会 多武峰会場

H22多武峰 江津さん
「多武峰夏季修練会を初体験して」   
九州賛助会  江津 啓子

 多武峰、この四日間の修練会は私にとりまして天風会は生涯かけがえのないものと強く思って帰りました。

 行く前は、団体生活に慣れるか気になり、一人部屋を予約致しましたが、すぐに同じ思いを持っている人達のあつまりなので、全く違和感もなく、同じ班の人達との夜遅くまでの雑談、言いたいことを言ってもお互いに成長しようと強い思いの集団なので、ただただ楽しく、またこの人達と一緒に修練会を受けたい、またお会いしたいという思いにかられました。

 朝5時に起き談山に登り体操、普段でしたらきついはずなのに疲れを感じることなく充実感を味わう事が出来ました。先生方の暖かで熱い講義、宇宙霊が私達と繋がっている。私達の心の中に天風先生がいらっしゃるとお聞きしている内に、自然と涙が滲みました。私の潜在能力に大きな響きを与えられたのでしょうか。
 最後の日「力だ 勇気だ 信念だ」と皆で言った瞬間、鳥肌がたち涙が溢れ、これからの人生に対して熱いものを感じさせられました。
 そして帰りの新幹線の中、今までお世話になりました人達の顔が浮かび、感謝の思いが涙となりました。

 こんな深い感動を得たことへの感謝、今まで苦労もなく育った私に、六十過ぎにやっと自己統御の道を教えていただきました。

 そしてこれからの人生に今まで以上に楽しみが湧き、自己完結の道を見出せました。

 最後になりましたが、先生方、仲間の皆さん、ホテルの方々大変有難うございました。
 感謝で一杯です。

| 1/4PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM